So-net無料ブログ作成
検索選択

倉木真二の「アプローチの真髄」:バケツ練習法も・目からウロコ [アプローチの真髄 口コミ]

倉木真二の「アプローチの真髄」は、2008年8月の発売以来根強い人気です。いくらドライバーがうまくなっても、アプローチが下手では、スコアはアップしません。180日間返金保証付き。



倉木真二の「アプローチの真髄」の口コミ。「倉木さんありがとうございます。 たったの1万円でこの本を手に入れ ることが出来たことを幸せに思います。 練習場5回あるいはホームコース1 ラウンド分の費用で最高の本をゲット出来ました。

私がこの本を読んで“目からウロコ”と感じたことを具体的に書いて見ます。

1. グリップの中間を握ることでヘッドの重みを感じるようになりました。 (今まで近くの寄せは、シャフト近くまで短く持っていました。)

2. ボールの位置を本の通りにすることで、ザックリや距離のバラツキが少なくなりました。(これまでは、グリーン周りはボールを右足前に置いていました。)

3.○○○練習法で2種類のアプローチがマスター出来そうです。 (これまでも籠をおいて練習してましたが、距離と高さの設定が不明確でした。)

4. 自宅で3日/1週間のペース(1日約30球×6回)でバケツ練習法を実践し2週間ぶりに練習場にいったところ、何と通常のショットが手振りではなく下半身から始動でき、生きたボールが出ました。もちろん距離も出ます。(理論は解っていましたが、どうしても手から打ちに行ってしまい、矯正方法を悩んでおりました。) 以上が購入して2週間実践してみた上での感想です」(広島県の宮本 健太) 。

倉木真二の「アプローチの真髄」の詳細と口コミ一覧を見る。飛距離で勝てない相手をスコアで勝つ。

なお、手打ち矯正には山下祐司の「タオル素振りゴルフ上達法」(3200円)が人気です。タオルの先を●●にして振りますが、手打ちすると、EDのようにてきめんに中折れします。


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

アプローチの真髄の効果持続で倉木真二の近著「パッティングの真実」が売り上げ1位に [アプローチの真髄 効果]

ゴルフレッスンプロの倉木真二の「アプローチの真髄」が1年半前に発売されて以来、その効果が確認され底堅い人気が継続しています。

このため、倉木真二が5/28に発売した「パッティングの真実」は、ゴルフ上達法の中で6/9、売り上げランキング1位に急上昇しました。

パッティングの真実は、6ヶ月間、無条件の思い切った全額返金保証付き。返金の理由は聞かない。

「アプローチの真髄」の著者・倉木真二の近著の「パッティングの真実」の詳細はコチラをクリック

アプローチの真髄の特色・内容:ヘッドの入射角度・正しいボール位置・スーパーロブショット [アプローチの真髄 特色]

2008年8月発行以来、人気が落ちず根強い人気のアプローチの真髄の特色・内容とは?



①自宅でお金を殆ど掛けずに出来る、シンプルで、楽しみながら取り組める「最高の練習法」とは?

②プロとアマチュアの最大の違い「ヘッドの入射角度」を理解して、あなたもプロと同じインパクトをマスターしてダフリ、トップのミスをほぼ無くして、アプローチの名手になってみませんか?

③最初から間違ったボール位置でアドレスを作ってしまっているのです。正しいボール位置の「答え」をお教えします。

④高々と上がり、グリーンで落下したポイントでボールが止まる様を見て、ライバルも思わず驚く事でしょう。このスーパーロブショットの具体的なテクニックを公開します!

フルスイングのグリップと、アプローチのグリップは僅かに違うと言う事をあなたは知っていましたか?その具体的な理由と、正しいグリップの作り方を理解しなければいくら練習しても効果は出ません。

⑥たった1つの「ある」ポイントを意識するだけで、バックスピン量を格段に多くしてしまう方法とは?

クラブの構造上、普通に構えてしまってはアプローチは上手くいきません・・・クラブの構造を考慮した、アプローチ特有の構えとは?

⑧ アプローチの練習で「あるポイント」を意識するだけで、ついでにフルスイングまでも改善させてしまう都合の良い方法とは?

⑨ 転がすアプローチと上げるアプローチ、ただボールの高さが違うだけではなくて、このアプローチの違いには「ある」秘密が隠されています。その秘密をアプローチの真髄で伝授しますので、アプローチの本質をマスターして下さい。

低く打ち出してバックスピンを掛け、2バウンドでボールを止めるテクニックの「正しい打ち方」とは?、、、、など。

アプローチの真髄の特色・内容の詳細はコチラをクリック!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

アプローチ上達法のアプローチの真髄の口コミ:61才でも自己新記録の77で優勝・誠意 [アプローチの真髄 口コミ]

アプローチ上達法のアプローチの真髄の口コミ

アプローチ上達法の「アプローチの真髄」は、2008年8月にレイアップから発行され、ゴルフ上達法の中では特別に大人気とならないですが、なかなか根強い人気を保ち、ゴルフ上達法ベスト5に入ることがあります。その人気ぶりは「タオル素振り上達法」と似ています。



スコア縮には、ドライバーよりアプローチがうまくなることが大切だからです。

「自己分析でグリーン回りのレベルアップが必要との思いがありました。そこに、倉木さんからのアプローチの上達法のアプローチの真髄の紹介があり、早速、練習をしました。

今までのやり方は白紙にして、2週間後のコンペに臨みました。結果はなんと、自己新記録のグロス77(パー71)での優勝です。課題のヨセワンが、12回中で9回成功での成果でした。61才になって、自己新が出るとは思ってもいませんでしたので、感激しています。すばらしい理論に感謝し、さらに研鑽するつもりです」(東京都 村田一郎さん 61歳 ゴルフ暦26年 )

「ゴルフ雑誌に書いてある上達法は、言い回しこそ毎回変化していても結局は倉木さんのおっしゃる”スイング理論の核心”に辿り着き、ひいては、その核心をできるだけ遠回しに意地悪く書いてあるものだと気が付いたからです。

まるで、何ヶ月通っても大事なことを教えてくれないレッスンプロのように・・・
それに比べ「驚異のゴルフ上達法」「アプローチの真髄」は何度読ませていただいても本当に・・・誠意すら感じます。

現在、週に4,5日は練習しており、それ以来2回のラウンドでも、めったに無かったチップインも3回あり、当面の目標だったハーフ30台も達成することができました。もうひとつ嬉しかったのが、アプローチの練習、理論を理解するうちにドライバーの悩みと曲がりが少なくなったことです」(兵庫県 谷川 大様 40歳 ゴルフ歴:5年)

「倉木さんありがとうございます。 たったの1万円でこの本(アプローチの真髄)を手に入れることが出来たことを幸せに思います。

練習場5回あるいはホームコース1 ラウンド分の費用で最高の本をゲット出来ました。私がこの本を読んで“目からウロコ”と感じたことを具体的に書いて見ます。

1. グリップの中間を握ることでヘッドの重みを感じるようになりました。
(今まで近くの寄せは、シャフト近くまで短く持っていました。)

2. ボールの位置を本の通りにすることで、ザックリや距離のバラツキが少なくなりました。(これまでは、グリーン周りはボールを右足前に置いていました。)

3.○○○練習法で2種類のアプローチがマスター出来そうです。
(これまでも籠をおいて練習してましたが、距離と高さの設定が不明確でした。)

4. 自宅で3日/1週間のペース(1日約30球×6回)でバケツ練習法を実践し2週間ぶりに練習場にいったところ、何と通常のショットが手振りではなく下半身から始動でき、生きたボールが出ました。もちろん距離も出ます。(理論は解っていましたが、どうしても手から打ちに行ってしまい、矯正方法を悩んでおりました。)

以上が購入して2週間実践してみた上での感想です」(広島県 宮本 健太さん 57歳 ゴルフ暦33年 平均スコア92)。

スコア縮のアプローチの真髄の口コミの詳細はコチラをクリック!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。